薄毛が多い職種や、薄毛で損をする職種は?営業マンが見た目で損をしないための薄毛対策も紹介。

PVアクセスランキング にほんブログ村
マインド編

日本能率協会研究所の調査によると、日本人男性の1260万人(3人に1人)が薄毛を意識していると考えられており、薄毛に悩む人は決して少数派ではありません。

最近は食生活の変化やストレス社会の影響により、若い方でも薄毛に悩む方が増えており、AGA(男性型脱毛症)という言葉もよく耳にするようになりました。

特に営業マンは、会社内外の人と接する機会が多いことから、薄毛が仕事に与える影響も気になるところです。

本記事では薄毛の多い職種や、薄毛が不利になると考えられる職種など、ビジネスと薄毛について考察したいと思います。

記事の最後には4つのAGA対策も紹介しますので最後まで読んでみてくさだい。

スポンサーリンク

薄毛が多い職種

世の中には多くの職業がありますが、職種ごとに薄毛の多い、少ないの違いはあるのでしょうか。

とある育毛クリニックで20代から50代を対象に400人に意識調査をした結果では、職務ごとの薄毛割合は、

  1. 企画・マーケティング 66%
  2. 営業職 57%
  3. 技術職 50%
  4. 人事・総務 45%
  5. IT専門職 38%

との結果が出ています。

ここから分かることは、人との付き合いがある職務がハゲやすく所謂、内勤・デスクワークはハゲにくいということが分かります。

取引先との付き合いや、人付き合いにより神経をすり減らしている結果の表れでしょうか。

薄毛が不利(デメリット)になる職種

また、薄毛がマイナスイメージとなる職種は?

という別のアンケート結果では、

  1. 営業職 71%
  2. 接客業 69%
  3. 教員 15%
  4. 人事・採用業務 10%

という結果が出ています。

やはり、人と接する業務を中心に薄毛がデメリットになると考えられているようです。

逆に「薄毛であることがマイナスにならない」と考えられている職種は、エンジニアや事務職全般という結果がでました。

人との接触が少ない職種ほど薄毛が気にならないという結果です。

それでは、薄毛に悩む営業マンに向けて、おすすめの対策を紹介します。

おすすめの薄毛対策

生活習慣の改善

薄毛の原因は遺伝や男性ホルモンの変化が主要因です。

男性ホルモンの変化については生活習慣の改善で対策できる場合があります。

主には食習慣の改善です。

薄毛対策として良いとされる食べ物は、

  • タンパク質
  • ビタミン
  • ミネラル

を含んだものです。

成分 代表的な食べ物
タンパク質 肉類、魚介類
ビタミン レバー、牡蠣、ナッツ類
ミネラル 牡蠣、牛肉、ナッツ類

これらを意識的に摂取することで薄毛の予防的対策は可能です。

育毛剤

育毛剤は頭皮の環境改善を行うことで、今ある髪の毛を維持することが目的です。

食生活の改善同様、薄毛の予防に最適な対策と言えます。

すでに、薄毛の進行を自覚しており、今ある髪の毛を維持することが目的ではなく、新しい髪の毛を生やしたい方は、発毛剤を検討する必要があります。

発毛剤

発毛剤は新しい髪の毛を生やすための医薬品です。

厚生労働省が認めた、発毛効果のある有効成分、「ミノキシジル」を含んだ第1類医薬品の総称です。

薄毛や抜け毛が生じている箇所に新しく発毛させ、さらに毛髪を成長させる効果があります。

また、発毛剤には育毛効果もあり、毛髪が抜けにくい頭皮環境をつくり、髪全体のボリュームを増やすことができます。

薄毛治療

AGAの治療ができる医療機関は、大きく分けて皮膚科薄毛治療専門クリニックの2つがあります。

皮膚科は、一般的にAGAによる脱毛を食い止める治療を行います。一方、薄毛治療専門クリニックは、脱毛を食い止めながら発毛を促し、髪の量を増やすことを目的とした積極的治療を行います。

薄毛治療専門クリニックでは、薬剤治療(内服薬・外用薬)を中心として、トータルアドバイスを行います。

費用は高くなりますが、薄毛が進んでいて「髪の量を増やしたい」と考えている方、「早く結果を出したい」方、そして「自分の体調や状態に合った治療を受けたい」といった安心感を求める方には、薄毛治療専門クリニックでの治療をおすすめします。

まとめ

現在、日本人の3人に1人は薄毛に対する認識をしています。

決して少数派ではありません。

AGA対策として、

  • 食事改善
  • 育毛剤
  • 発毛剤
  • AGA治療

があります。

大きく分類すると、上2つは予防的対策下2つは治療的対策と言えます。

あなたの、現在の状況に合った対策をしましょう。

コメント